解放されたぁ~!

ガーちゃん、昨日 点滴を外しました。

良くなって外したのではないのだけお知らせしておきます。

点滴の煩わしさから解放され
家のなかと庭だけだけど
自由に動き回れるのが嬉しいね。
そして、好きなところで寝れて、
好きな格好で寝れる(ヘソ天で)

いつものガーちゃんに戻り、
こんな日がずーっと続いてくのでは・・・
と、勘違いしてしまう。。。

ドルト連れション?!

今朝のガーちゃん。(5月17日)

しっかり自分の足で歩いて、
トイレに行ってます。

男同士連れション(笑)



みるひとが見れば、わかると思いますが・・・

点滴を人で言えば手の甲に針を刺してます。

甘えたい日!

今日はママのお仕事が休みだってのが
わかっているのか、
一日中 ママにベッタリのガーちゃん。

離れると目で追うので、
『大丈夫だよ、そばにいるよ』と、
声をかけながら、ママは引きこもりの休日でした。

コンデンスミルク直飲み!!

24時間点滴。
今のガーちゃんにこれがどれだけ
大切なものか、昨日(土曜日)の診察で先生の話で、改めて思い知らされました。

昨日の診察で、点滴をしている腕が腫れ上がっていた。
液漏れをしていた。
すぐに針を抜き、場所をかえて刺すところを探していたところ、
今までに大人しく処置を受けていたガーちゃんが、はじめて嫌がり声を上げた。
よほど 液漏れしていたのが痛かったのだろう・・・
あまりの拒否行動に、
『一日だけ点滴を外して、明日朝一で病院に来るので・・・』と、相談したところ、
先生が渋い顔で、
『ん~、保証は出来ない・・・』

なぜ点滴が離せないかと言うと低血糖に苦しんでいるのです。
術後、なんとか自分で立って外にオシッコをしに行くようになったかと思ったら、
急に倒れ けいれん。
病院に駆け込み糖をいれ、最悪の事態は免れた。
極度の貧血と低血糖。
後遺症もなく、強運の持ち主のガーちゃん。
コンデンスミルクを直接口に入れて流し込てあげるのが一番!!と。
今は赤血球と血糖値をあげるために、
自ら食べてくれないので、離乳食や介護食などをアレンジして栄養をつけいますが、それを維持するために点滴が外せないのです。
話は戻りますが、点滴を拒否をするので、少しガーちゃんが落ち着くまで、
先生と世間話をして、
今のガーちゃんに点滴は命の綱なんだよと
言い聞かせると、すんなりと針をさせてくれ、無事帰宅。

太陽と体調。

今日は、ちょっと息が荒くて、しんどそう。

今回 ガーちゃんの様子を見てて、
気がついたことが!

ガーちゃん、夕方 日が沈む頃、
グワァ~ンと体調が悪くと言うか、
元気がなくなる。
日が沈みきると、また 普通に戻る
と言うか、安定する。
人の子って、夕方 お母さんが台所に
立つ頃になると、ナゼかグズリだす。
あっ!何か似てるなぁ~って。
何かいろいろ感じるのでした。 
プロフィール

ドルト&ガルト

Author:ドルト&ガルト
シベリアンハスキー
2008年 
ドルトムント&シュトッツガルト
2011年 
弟分シュタインベルガーの登場
そして 2012年 
四男坊ロットバルトが加わり、
ハイオク満タン、パワーアップ
チーム ドルト&ガルトの
完成図となった!
良いことも悪いことも
パワフル、ミラクル、そしてダイナミックな
魅力ワンサカな生活をご紹介

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター